読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地味ぱんだ生体日記

なんとなく生きてきてなんとなく存在し、人の影に隠れて生きていきたい私ぱんだのなんとなくブログです。

自分自身を見直す事

最近は自分の事を見直すという事に時間を割いてる気がする。

それというのも今まで自分を見直すや自分を改めてどうにかしようとは考えた事なかったんですよ。

自分の能力的な事や得意不得意なども考える事は苦手なジャンルだったんです。

そんな事遠回しにしていたら仕事に追われて違う事もできなかったというなんという時間の使い方が下手な私だったんだと今では悔やんでいます。

性格と一言で言っても広い意味で色々あると思いますし自分のポリシーとまではいかないですが、拘りも有る方だと考えています。

そんな時にふと自分の事を横になりながらぼんやりと考えているんですがまとまらないのでシリーズになるかもです

 

まずはぱんだという人の性格

まずは自分という性格を一言で表すと、マイペースで頑固で人と同じ事をしたいというか周りが右なら右を向きたい、左なら左と合わせたいのにそれに合わせられない。

素直ではないので人に甘える事は滅多にできないし、ヒマラヤよりも高いプライドを持ち合わせている為完璧主義な所があり相手にもそれを強要してしまう場合があります。

 

極端な考え方を持ち合わせていて100と言ったら100だし0と言ったら0になってしまって、でも小心者な所も有るために相手に強く出れないし不満に思っていても正直にそれを表す事も語彙力も持ち合わせていない口下手だと自分でも思います。

 

積極性に欠ける事も多々あり、人の中に埋まって人の波に飲まれて生きたいです。

みんなと違う事をするのはとても怖いし、今自分がニートをしている事に対しても後ろめたさや後悔や諸々の感情が芽生えています。

 

積極性に欠けるという障害

先程も言いましたが私は積極性に欠けます、私は兄弟は多い方の次女に当たるのですがどうもその中で異色な人物のようです。

いるのかいないのかわからないではありませんが、昔から問題を多々起こしては両親を泣かせて居た存在でしたがその他に至っては、生きていればそれでいいとか周りに合わせたらいいかという精神がとても強く多数いる兄弟の中では必然的に影が薄くなります

上や下に挟まれるとどうしても単独行動が多くなります、積極的に主張を行わなくても単独行動をとれば問題は解決してしまうという弊害が発生します。

私の人見知りというものも含まれてしまうかもしれません、私は昔から話しかけるのも友人を作るのも苦手です、誰かにべったりをして依存して生きてきたなと思います。

積極的な行動を何1つ取れません、大人数でいたら何をしたらいいかわからないという事が正しいかもしれないです。

自分がこんなにも積極性にかけているのは一種の弊害であり障害であると思います。

でも、生きていく上では孤独ではありますが困っている事もありますが…。

今の所は快適に過ごしています。

 

自分で自分を好きかと問われた時に言う事

これね、私の一生の課題だと思われます。

今は自分を好きかと問われたら私は自分は嫌いです。

はっきり言えるレベルで嫌いです。

だけど、それを表に出すのは周りの人を不愉快にさせるだけなので出来るだけ控えてはいたいですが、たまに自信がなくなりすぎてそれが表に出てる時点で本当に嫌になって自己嫌悪に陥ります。

自身を好きだと言えた事など何も無くて自分は中身空っぽの人間だと思います。

仕事も人よりもできない、どんくさい要領も悪い遠回りをしないと何処にもたどり着けない、外見も人より醜いと思っています。

自分が好き?ってたまに友人に確認される事があるんですが、そんな時もうーんと言葉を濁してしまう時があります。

前職を退職した事から私は自分に対する「自信」という単語を根こそぎ持っていかれた感じが今だに回復していません。

技術職をしていた私はその業界では初心者で右も左もわからない状態でした。

朝も昼も晩も深夜も全ての時間をその仕事に捧げました頑張らないと何も手に居れられないと、何もできないと私はずっとパソコンに向かっていました。

それがいけなかったのかよかったのかわかりませんが私は数年もしたら体調を崩し、そのまま何も手がつけられない状態であるという事が更にストレスになりました。

 

そして更に怖くなりました、それはもう自分はだめなんだと生きている価値もないという事を突きつけているつきつけられている状態でした。

今だにその恐怖も何も拭えない状態です仕事をしても失敗するんだとか人並みにできないという事とかを考えて何も動けないでいます。

なので私は今現状だけを言うと「自分の事は嫌いです」それだけです。

 

自分自身を見直すというというかぱんだの事を更に分解しているような記事になりましたね、こういうのもブログに残していきたいなって思ったんです。

こうかいていてももしかしたら来年の今頃は自分が自分を好きになっているかもしれないとか…

前向きな気持になりたいとか色々と思いながらブログを記していきたいです。

 

ぱんだという人物は本当にネガティブとの塊だと思います。

口から出る言葉はでもでもだって、このままでは全て消えてなくなるかもしれないからまずはポジティブになれるようになりたいなと今は思っています。