読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地味ぱんだ生体日記

なんとなく生きてきてなんとなく存在し、人の影に隠れて生きていきたい私ぱんだのなんとなくブログです。

人間に戻りたいと願いながらニートです。

こんばんは!!!こんな深夜に更新しています、現在深夜の2時ですね。

昼夜逆転していて、朝もおきれないままで暮らしています。

こういうの何もしない自由人に与えられた至福かと思いますがそうでもありません。

だって、なんか生きている感覚しないもん。

 

生きている感覚全然しないです、日に日に病弱になっています。

心が貧弱になっています、何もできないんだと思い込ませるにはとても簡単な不健康生活です。

この意識がとてもだめかもしれないと気が付きました。

朝起きて夜寝るという当たり前の事ができない状態になっているので本当にだめ。

 

自分にできる事を探す

今自分にできることは規則正い生活をおくるという事だと思っています。

体内時計狂いすぎて精神的に不安定になっているのが自分でもわかっています。

それを直すには朝に太陽の光を浴びて夜に寝るという当たり前の事をしないといけないと最近とても思っています。

働くという事は生きるという事だと最近痛感しています。

働いてお金をもらうというのはとても大事で自分に自信を持たせてくれます。

それをしない自分は人間以下だと思えて仕方ないです。

私は以前電車で倒れるという事をしてから地下鉄に乗れなくなっています。

とても怖くなって変な冷や汗がでるようになっています。

外に出るという事がとても怖くてたまらないです。

倒れたらどうしようという恐怖が全身に襲いかかります。

どうしたらいいんだろうと自分でもわかりません。

これはもうトラウマレベルだと思うし、トイレで倒れた時も外のトイレに入るの怖くなっています、上が必ず開いてる所しか入れなくて…携帯を隣におかないとトイレにも入れません、これってもうトラウマレベルじゃない話しだと思うんです。

外に1人で出ていくのがとても怖くてどうしようもないから基本仕事は都心に出ないといけない私は辛い。

電車も1時間1人で乗るのは辛いし、椅子の真ん中には座れないし…障害だらけです。

こんな乗り越えないといけない事が沢山有りすぎてどうしたらいいかわかりません。

暑い所では働けない、飲食店も無理、不規則な事もできない、車の運転もできない

持病があるからそれも会社に申請しないと命に関わる事があるという事がある。

…私はこの先どうしたらいいんだろうと途方にくれています。

出来ることを探す方がとても難しくて、人より劣っている自分に嫌気がさします。

 

在宅という選択肢

そういう状況から、在宅という選択肢を視野に入れだしています。

稼げる稼げないはもうこの際には気にはしたらだめだと思いました。

障害がある、乗り越えないといけない事が山ほどあるけどまずは働くという事社会と関わるという事それをしないとダメだと思いました。

自分で考えて自分でどうにかしないと私はこのまま1人になると思います。

在宅と言ってしまっても私の文章能力なんて今このブログに書いている程度です。

小学生の国語すら怪しいレベルの文章力なのに、ライティングをするという事を目標にしています。

ずっとこれをしていくのかと言えばずっとではないと今は思っています。

 

ただ止まったままで何もしないのは絶対にだめだと思うんです。

フリーランスになるという高い志を持っているわけではありません。

世間と繋がりたいと少しだけ思っているだけなんです。

世間と繋がるという事は自分に自信をつけるという事だと思うんです。

1人で自立するという事ではなくて何かしら支払いができるという事、何かしらお金を払うということはとても大事だと思っています。

 

大事な行動について

 

銀行からお金を引き下ろす快感

 

これってとても大事なんです。

当たり前の事かもしれないんですけど、これって当たり前じゃないなって今無職になって実感しています。

空っぽの口座に入ってこない給料…当たり前です、対価である働くという事をしていないのですから入ってくる事はありません。

ですがそれが心の余裕を生み出すんだと思うんです生きて行くために必要なお金が口座にはあるという自信。

これが無いことで心配で眠れない、考えて眠れない、何もできない自分に絶望する

そういう事がとてもだめな自分を浮き彫りにしているように感じます。

このままではだめだと思っている自分に在宅業務などできるのかと思っています。

キツイだけでできないかもしれない、まただめかもしれないと言う位ならとりあえずやってみようかと思っています。

とりあえずやってみて、とりあえず何かを試してできたらなんだっていいやと今は思っています…。