読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地味ぱんだ生体日記

なんとなく生きてきてなんとなく存在し、人の影に隠れて生きていきたい私ぱんだのなんとなくブログです。

アクティブになる為にやること

どうもネガティブ代表ぱんだがお送りします。

という位に私は自他共に認めるネガティブ人間です、まずは失敗すという事から想像して成功するというビジョンが見えてこないというハイパーネガティブですがこうして書き記しいくと私大丈夫なの?って心配してしまいます。

なのでこんな時でも仕事ができないのは自分が自分に甘えているから、失敗するからもう必要とされないからみんなに陰口叩かれてあいつマジにクズだからと言われているんだろうと想像してしまいますが、これはもう自意識過剰だと私も思っています。

世間の人はそこまで私の事は気にもとめていないし仕事できるできないの判断なするかもしれませんがその人に迷惑がかからないという領域の話では陰口すら出てこないと思います。

なのに私はそうだと思いこんでいるしそうなんだと思っていますがこれがダメだと常日頃から考えています。

そんな時は私はネガティブに少しでもなれるように以下の事を行います。

 

まずは太陽の光を浴びる

まずはこれ大事です、大体の人は外に出て太陽の光を何時でも浴びていると思いますが引きこもりニートなぱんだはそれすらも疎かにする時があります…これ疎かにしたら本当に気持ちが萎んでくるという表現がとても似合う状態になります全てが世界の終わりのような捉え方になっていしまいます。

もう終わりだ明日朝おきたら倒れて死んでいるんだとか明日朝起きるとかそんな事したくないこのまま布団の中でとか思っている自分もいたりするのでそんな時は本当に太陽というか体内時計が本当におかしい事になってると自分でも自覚します。

そうなったら何もできなくなります、家事もできない家族に言われたこともネガティブになりますしイライラしますしもうどうしようもない状態になりますね。

なのでこれって1日数時間とまでも言わないですが私は実施するようにしています、体調がいい日は散歩などに行っては外に触れるようにしたら体調が多少なりとも良くなってきたのがここ数ヶ月わかります。

 

ひたすらネガティブな言葉をノートに書き記す

これ結構じわっときいてくるんですよね、もう誰にも言えないという言ったらだめな言葉とかも普通に書きますし普通にヤバイこともします、ノート一面黒くとか赤くとか緑に塗りつぶしたりします。

赴くままに何も考えずに言葉ばかりを書いていく場合もありますその中身は永遠の闇に葬り去ってあれを人に見られたら本当に私の人格疑われるだろって思っていますが今は1番身近に隠しています。

でも言葉に表すって大事ですよね、しかも手で書くというのが重要らしいですこうしてパソコンで書くというのは何だかまた違うみたいで、ノートとペンを握りしめてやるのが1番スッキリするという事にここ数年気が付きました。

びっしりと書く日もあればノートの中央に愚痴だけ書く日も嬉しい事書く日もありますし、ノートは大学ノートの小さいのでいいんです昔から使っている手帳でいいんです、もう何冊になってるかわかりません。

書いたらそのノート実は全て捨ててるんですけどねビリビリに破いて、過去のドロっとしたものは消去してます。

そうすることによって消化しているのかもしれないなってこの前ノート破りながらしみじみ感じていました。

 

こうして書くと私のアクティブな方法になるのって結構オーソドックスだと感じたし簡単だと思いました。

あとはネットショッピングは買わないけど延々見ているとかも案外ストレス発散ですし、ネットサーフィンしてるのも情報の海に放り投げられるのも好きです。

何でもない本を読んではその情報を処理していても結構前向きになれたりするんですよね。

私は他の誰かと一緒にいてアクティブになれるということのほうが少なくて1人でモクモクしたのちにそれでもだめなら限られた友人にだけ言って電話したりしますね。

対面で話したら相手の感情をもろに受けたりしてたまにしんどくなってしまう事もあるから他人のアクティブな感情はキツイなって正直思うんです。

 

ここまで書いていて私はネガティブ人間ですが処理の仕方が自分でわかっているので脱出もしますが今は脱出できていないが故にこうして新しくブログ初めたりとかしてもっとアクティブになる方法を思考錯誤しているのかもしれないです、これらかもっともっと沢山の事試していきたいな考えています。

 

この文章が数ヶ月後には違う風に変化していたらいいのにと思っています。