読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地味ぱんだ生体日記

なんとなく生きてきてなんとなく存在し、人の影に隠れて生きていきたい私ぱんだのなんとなくブログです。

ニートになるまでと甘えてるじぶん

私ぱんだが自由人という名のニートになってから今年で2年になります。

こんなにも自由人満喫しているのは実家にいるからだと自分だでも理解しています。

そろそろ色々な物が底が尽きてきたのでどこからか収入源を得ないといけないんだけど…

私は如何せんまだまだ対人恐怖症まではいきませんが自信がないばかりに仕事につけません。

「私なんて」という言葉が口をついて出て成功するビジョンが全然見えないです。

そんな私は前職はSEなどというものについていました。

システムエンジニア・しかもオープン系の保守担当的なものでリプレース作業などもやっていたんです。

でも憧れていた職業でした、やりたかったものでしたしかし結局は自分には向いていませんでした。

算数できないからね!!勉強できないからね!!!不登校の私には無理でした!コミュ障激しかったからね!!

あんなアクティブ連中に揉まれて私の精神は日々削れていくのがわかりました。

もう後半は何故かボロボロになっていて会社に行きたくないと朝泣きながら通勤していました。

駅の改札まで行くと定期券を持っているんですが、改札がなかなか通れない状態になって足が止まっていました。

そんな状態に陥っても仕事はやめたくないと意固地になっていて、誰かにもういいんだよって言ってほしかった

だけどそれでも辞めたくないと残りの2ヶ月は通っていました。

土日でも固執して勉強してを繰り返して繰り返してもう精神はボロボロです。

重役に囲まれて私はどうしたいんだと詰め寄られた記憶があり、それ以降更に男性が嫌いになりました。

こんな私に何を求めてるんだと何をしてほしいんだと何も教えてくれなかったくせにと怒り狂って

勝手に同しようもない気持ちに陥りました。

 

したい仕事とやれる仕事は別物だということ

上記に書いたのは本当にそうだと思います。

自分がしたいと望んでそれに突き進んでいくのは不可能ではありません。

努力をすればある程度の事は叶うと思いますし、ある程度の人間は仕事ができるようになると思います。

ただし人間はやりたい事とやれる仕事は別物だという言うことをシステムエンジニア時代に実感しました。

私はこの職の前は基本的に接客業ばかりをしていました、サポートをしていたりお客様に対応したりと

色々な多彩な仕事をしていました、玩具系の所にもいました。

私の人生の中で1番したかった仕事はシステムエンジニアでしたしかもそれは保守系の事でした。

でも1番していて楽しかったのは接客業のしかも玩具系の事でした。

1番苦痛だったのは飲食関係の仕事です、あそこにはもう戻りたくないし体育会系の仕事場はだめです。

そう考えると人間というか私は仕事についてはやれること楽しい事やれないこと苦痛なこと全て体験しました。

20歳から〜ずっと何かしらの職業にはついてきました一度仕事についたら長いか短いかのどちからです。

やれる所はバイトであろうと何であろうと長くずっといるけどダメだと思うと直ぐに辞めてしまいます。

色々な体験をできたなと自分でも思っています、今こうして正直文章を書いていたりすることにやっぱり楽しいと思う最近になってきました、うまい事なんて何もありませんがこうして書いているだけで

私は安心する事がたくさんあります、今回も何かできるかと言われたら私は結局何もできません。

 

引きこもりを体験して、そして現在

現在は引きこもりをしています、ニートです自由人です。

中学生の頃も私は不登校をしていました家に引きこもり誰にも合わず唯一幼馴染とだけ会っていました。

家族の中で過ごして誰とも話さない外にもでないという3年間でした。

その間も私は創作活動を続けていました、当時では珍しいわけでも何もありませんでしたが我が家には

何故かワープロがありました、しかもスキャンつきのです。

当時私はアニメにハマっていました元々テレビが大好きで漫画も好きでという典型的なオタクです。

スキャンで読み取ったキャラをコピーして部屋中に貼っていました。

そこに囲まれて創作活動をしていました、でたらめな文章でたらめな設定でたらめだらけのものでした

でも、それがとても楽しかったですそれだけが楽しかったです。

勉強も出来なくて本だけが友達でリアルの友達なんていませんでした、怖かったです。

デブで根暗な私はいじめられていました、正確にはからかわれていました。

そんな中にいて私はもっともっと引きこもるようになりました、幼馴染としか会えなくなりました。

小さな世界に小さな交友関係に小さな考えでした当時の私はなんて小さな世界に住んでいたのか

大きな世界には出たくありませんでした。

当時を振り返ると今も私は何も変わっていません人を避けて見下されるのを極端に嫌い迫られるのを嫌い

どうしようもない状態になります、圧迫的な物を感じると直ぐに怖くなりもう顔も見れません。

何も手につきません、対面ではもう私は何もできないかもしれません。

これからどうしようと引きこもりのぱんだは考えています、今少しだけクラウドワークスというものに

興味を持っています、自分自身がどうにかして生計を立てないという怖さもあります。

ニートを続けていく意味もありませんだけど今は外にもでれないという恐怖が襲います。

 

どうしようかと今だに迷っています。

でも迷うならやれ、やるなら真面目に真面目にやりすぎたら息苦しくなる。

 

そんな悪循環が今目まぐるしく襲ってきています、ニートになるまでの経緯はホントに簡単な事でした。

仕事がうまくいかない→人間が怖い→人間に関わりたくない→ニートになる

 

誰かと話したくない→面接にいけない→自分に自信がなくなる→クズだと思う

 

そんな悪循環がまた巡ります、今はどうしようもないなと諦めて受け入れてしまうしかないのかな。

まとめることもできない位の私のどうしようもない胸の中のドロドロした感情です。

逃げてしまいたいです、もう逃げて逃げてどこまでも逃げてしまいたい。

 

甘えてるなって思っています。